岐阜のポルシェ専門店、メディエイトカーズ。車に関することは何でもご相談ください。

lineup

ポルシェ マカンGTS PCM 赤革 1オナ H&Rサス

DETAIL

正規D車 H&Rサス エントリD
ACC フルセグTVチューナー シートヒーター

PRICE

SOLD

SPECS&EQUIPMENT

▼ 装備詳細

モデル年式

2018年

走行距離

9900km

ボディカラー

ホワイト

インテリアカラー

ブラック&ガーネットレッドレザー

乗車定員

5名

登録年

2017年10月

車検

2020年10月

修復歴

なし

グレード

GTS

ワンオーナー

▼ スペック

ミッション

7速PDK

最高出力

360ps

型式

ABA-J1H2

使用燃料

ハイオク

駆動方式

4WD(トルクスプリット)

エンジン

V型6気筒

過給器

ツインターボ

排気量

3,000cc

車両重量

確認中

特別装備

ボディ同色サイドブレード パワステプラス アクティブクルーズ

Message

そのマカンSUVにあらず。

 

店主お気に入りの1台が入庫しました! ホワイトのボディカラーにガーネットレッドレザーインテリアはドストライクなカラーコーディネイトです!

要所にブラックアウトされたパーツが絶妙なアクセントとなり、パッと見でGTSと分かるクルマ作りはさすがポルシェ!!スタイリッシュですね!

グレード名の由来は、1964年に登場したレーシングスポーツの904カレラGTSに使われ、その後、初代カイエン後期型から復活した“GTS”とは、

快適に普段遣いできる日常性と充実した装備を備える一方、サーキットでも存分に楽しめる存在と定義されている。

まさにその名を体現しているのがこのマカンGTS。マカンSのエンジンをベースに吸排気系の見直しと過給圧の変更によりエンジン出力は340psから360ps、最大トルクは460Nmから500Nmに引き上げられている。

スポーツシャシーが与えられた足廻りは通常より15mm下げられているが、前のオーナーはさらにH&R社のローダウンスプリングをインストールし、カタログやCMのようなカッコイイそのままを再現しています。元々容量のあるPASM付きダンパーですので、ローダウン時に不安な乗り心地悪化も心配なく、しっかりしているけどしっとりしているポルシェ脚も健在です。

さて、テスト走行を兼ねて試乗してきました。とにかくパワフルですね!決してライトウェイトではないミドルウェイトややヘビーよりなボディですがいとも簡単に加速してくれます。

軽量のホイールRSスパイダーに履く265、295の極太タイヤのお陰か非常に安定しており、ロングドライブでも疲れ知らずです。

コーナリングでは、SUVにありがちな強いロールや外側に持って行かれるような横Gもなく素早く向きを変えるのはさすがの一言。この辺りはマカンが売れる大きな理由の一つではないかと思う。

これなら、911やケイマン、ボクスターシリーズに所有したくてもできない走りが好きなポルシェファンでも納得の1台だと言えます。

ミドルサイズのSUVとして十分な室内空間とラゲッジスペースを持ち、ポルシェが得意とする走りのテイストを余すところなく反映した最強SUV

ポルシェマカンGTS。

911に乗りながら家族の車として所有してたら贅沢だけどイイなぁ…

 

 

 

 

pagetop
0585-39-9700 メールでのお問い合わせ