岐阜のポルシェ専門店、メディエイトカーズ。車に関することは何でもご相談ください。

lineup

ポルシェ ボクスターS(981)スポクロ PASM 左H

DETAIL

正規D車 PCメンテナンス スポクロ PASM
シートヒーター カレラSホイール

PRICE

SOLD

SPECS&EQUIPMENT

▼ 装備詳細

モデル年式

2014年

走行距離

15300km

ボディカラー

ホワイト

インテリアカラー

ブラックレザー&アルカンターラ

乗車定員

2名

登録年

2013年12月

車検

2021年12月

修復歴

なし

グレード

S

ワンオーナー

-

▼ スペック

ミッション

7速PDK

最高出力

315ps

型式

ABA-981MA123

使用燃料

ハイオク

駆動方式

2WD ミッドシップ

エンジン

水平対向6気筒

過給器

なし

排気量

3,400cc

車両重量

1,390kg

特別装備

スポーツクロノPKG PASM スポーツデザインステアリング

Message

やっぱり自然が一番。

 

今もっとも注目される自然吸気型フラット6エンジン搭載モデル981型ボクスターS。

なぜ注目されるのか? 先日驚きのニュースが飛び込んできました。

718スパイダーと718ケイマンGT4のみ搭載のはずだった4.0L水平対向6気筒自然吸気エンジンがGTSシリーズ(カタログモデル)に搭載されるのだ。

ポルシェ のホームページを覗いてみると、”新しい718ボクスターGTS 4.0と718ケイマンGTS 4.0は、スポーツカーの魅力を最も純粋な形で表わします。とりわけ明確なのがサウンドです。”

と… 時代の流れか718型より水平対向4気筒ターボエンジンになり、賛否が大きく別れ、特に多くのポルシェ ファンを魅了した独特のエンジンサウンドが姿を消してしまった事が当時話題となりました。

やはりポルシェも分かっていたのか… そう思わせるようなコメントは、かなり衝撃的なニュースでした。

ただ、ポルシェファンにとっては何よりも朗報なのではないでしょうか?

またあのサウンドが帰ってきた!!

ただし… 今回リリースされるのはトップグレードしかも当面はマニュアル設定のみ。

少しハードルが高いですね。

981型S系に搭載されるエンジンは3.4L。排気量もパワーも全然最新の方が上になりますが、エンジンレスポンスや下から上まで気持ち良く回るエンジンは、どのスポーツカーよりも爽快で、人馬一体のような走りが満喫できます。

ぜひ騙されたと思って一度乗ってください。

特にボクススターはオープンカーですので、ルーフを開けた時に耳に飛び込んでるくる官能的なエンジンサウンドは病みつきです。

距離が少なく、メンテナンス履歴もしっかり残っている非常に程度の良い個体となります。

おそらく中古車市場にいおいてこういった良質な981型は少なくなって行くと思います。

なぜなら楽しくて乗っちゃうから距離が伸びてしまうって訳だからです笑

 

メディエイトカーズ の屋内展示場で大切に保管しておりますので、ぜひご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop
0585-35-9700 メールでのお問い合わせ